VMware

ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化 [V5.X]

Summary:  
Add to myEnrollments
Course Description
Self-Paced (2 Hours)
Overview:
説明
この自習用コースでは、組織がビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化を行なうべき理由について説明します。

Objectives:   コースの目標

学習事項:

• 仮想化の段階について説明する。

• 効率的に仮想化できる主なビジネス クリティカルなアプリケーションを明らかにする。

• ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化に対する共通の懸念事項を明らかにする。

• それぞれのビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化によるメリット、バリュー プロポジション (価値提案)、使用例およびベスト プラクティスについて説明する。

• VMware Business Production Bundleについて説明する。

• Business Production Bundle のコンポーネントが仮想化されたビジネス クリティカルなアプリケーションをどのようにサポートしているかについて説明する。

• vSphere 上の Microsoft SharePoint、Exchange、および SQL Server のライセンスの必要条件について説明する。

• vSphere 上の Oracle データベースのライセンスの必要条件について説明する。

• vSphere 上の SAP のライセンスの必要条件について説明する。
 
Outline:   コースの概要

• ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化の概要は、組織のクラウドへの移行の概要を示すものです。効率的に仮想化できる主なビジネス クリティカルなアプリケーションが明らかにされます。このモジュールでは、過去数年間のビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化における傾向についても取り上げ、ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化に対する懸念事項のポイントを示します。

• ビジネス クリティカルなアプリケーションの仮想化および Business Production Bundle は、それぞれのビジネス クリティカルなアプリケーションの主なメリット、バリュー プロポジション (価値提案)、ベスト プラクティスおよび使用例の概要を示します。また、VMware Business Production Bundle、そのコンポーネント、およびコンポーネントが仮想化されたビジネス クリティカルなアプリケーションをどのようにサポートするかについても学ぶことができます。

• Mware vSphere 上のビジネス クリティカルなアプリケーションのライセンスでは、仮想環境における Microsoft SharePoint、Microsoft Exchange、Microsoft SQL Server、Oracle データベースおよび SAP のライセンスの必要条件について説明します。