VMware

VMware vSphere: 新機能 [5.1]

Summary:  
Add to myEnrollments
Course Description
Self-Paced (1 Hour)
Overview:
コースの概要

このトレーニングコースでは、VMware vCenter Server™ 5.1 とVMware ESXi™ 5.1 の新機能について説明します。

Objectives:   コースの目標

コース終了時には、VMware vSphere® 5.1 の次の新機能について理解し、これらの機能を
実装できるようになります。

• コンピューティングおよびストレージ

  o 仮想ハードウェア バージョン 9 のサポート、最新の CPU パフォーマンス カウンタ、 パフォーマンスを強化するためのグラフィックス アクセラレーションの仮想化
  o ストレージの使用を効率化するために、vSphere では、仮想デスクトップ インフラストラ クチャでストレージ領域の再利用をサポート

• ネットワーク

  o VXLAN のサポート
  o vSphere Distributed Switch™ の機能拡張:
     - ネットワーク健全性チェック
     - バックアップとリストア
     - ロールバックとリカバリ
     - LACP (Link Aggregation Control Protocol) のサポート
     - SR-IOV (Single Root IO Virtualization)

• 可用性
  o VMware vSphere vMotion® が共有ストレージ構成なしでも利用可能に
  o VMware vSphere Data Protection による、シンプルかつ費用対効果の高いバック
アップとリカバリ
  o vSphere Replication によって、LAN または WAN 経由で、アレイに依存せずに仮想
マシンのデータを効率的にレプリケーションすることが可能

• セキュリティ: VMware vShield Endpoint™ によって、エージェントを仮想マシンにインス
トールせずに、セキュリティ仮想アプライアンスにその機能をオフロードし、最小の影響で スキャンを実行可能
 
Intended Audience:   対象
• システム管理者
• IT 担当者
• システム アーキテクト
• vSphere 環境の導入や管理の責任者
 
Prerequisites:   前提条件
VMware vSphere 5.0 の次のいずれかのコースへの参加:

• インストール、構成、管理
• Fast Track
• 新機能

または、vSphere 5.0 に関する同等の管理経験があること。